スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カントーカップ対戦記録その2

こんにちは!
昨日に続いてカントーカップの対戦記録を綴っていきたいと思います!

日付が変わって完全にカントーカップは終了したので、今、多くの方が後語りをしたり、KP集計諸々の分析をしたりしているのではないでしょうかね。



今回はその2ということで対戦の内容や自分のPTの使用感などを書いていきます。


↓改めて使用したパーティは以下の通り↓



$リョウのブログ


それぞれの個体の詳細は3つ前の記事

http://ameblo.jp/ryo-blog0310/page-3.html

をご参照ください!
ながーく綴ってありますので笑


まず、こちらの選出分析を見てください

$リョウのブログ

(途中から、この集計をしようと思い立ったのと、何試合か記録し忘れたため、対戦回数に比べてかなりデータ数が少ないです。あらかじめご了承ください。)



見ての通り、ひどい偏りようですwww

なんでこんなことになってしまったのか、自分なりに分析してみました。

「パルシェンは破る機会がない!」

これに尽きたように思います。
自分のパルの性質上、相手と1対1交換ではなく、全抜きを狙う個体となっています。事実、Sは大して高くないため、1体倒しても破らなければ後続に叩かれる場面は想像に難くないかと思います。
そのための土産ダグトリオでしたが、この組み合わせの選出がしづらいことこの上なかったです。
ダグの性質上、浮いていない奴を確実にキャッチし、土産することで後続のパルが低リスクで破れるという組み合わせになるわけですが、今回は以下の要因からそれが難しい結果となりました。

・物理アタッカーの多くはタイプ一致でパルに弱点をつける
・特殊アタッカーは言うまでもなく、今一つだろうが、パルに致命傷を与えられる。
・しんそくカイリュー、しんくうはニョロボンetc…の先制技

置き土産を使った起点づくりを狙っていた身としては一番上の要因が決定的だったように思います。
これによって、「破れたら3タテいけそう!でもそんな機会ないわ」
と、どのPTを相手にしても思うようになりました。
1度ダグパルで起点を作ってみようとしましたが、見事失敗し、そこからパルシェンの選出はほとんどしなくなりました。
それでもうまく破ることができれば3タテが容易にできることは間違いありません。しかし安定して高い勝率を目指していたので、安定性は大きく欠くと判断し、パルを使うことはほとんどありませんでした。1割未満っていうのはさすがにひどいですね;;

結論としては、パル自体を否定するわけでなく、今ルールにおいては「襷かスカーフ安定」だったということです。その個体ならもう少し選出されたでしょうね・・・



選出ですがほとんど次の組み合わせでした
・サンダース、カビゴン、ヤドラン
・サンダース、カビゴン、カイリュー
・サンダース、ヤドラン、カイリュー
・カビゴン、ヤドラン、カイリュー☆

とくに☆の選出が一番多かった・・かな。
この4体は期待通りの活躍を見せてくれました。
カイリューはようきAS鉢巻で間違いなく正解でしたし、ヤドランはS12振りの瞑想型、輝いて見えるほど活躍してくれました笑 今回の最多選出ですし。ヤドランミラーを草結びで見ている相手さんも多く、先手で瞑想し草結びのダメを抑えさらにゴツメ(←これが案外大きい)やむなく電気タイプに引っ込むので、瞑想1積みの火力を後続に与え負担をかけていく立ち回りは多かったです。また、カイリキー受けとしての活躍も期待通り。カイリューも物理型対面状況では勝率100%でした。
サンダース・カビゴンは独自の調整も上手くいき、高速で引っ掻き回す役割、受けながら積んで相手を圧倒していく役割、それぞれこなしてくれました。破ったパルにダースを死にだしし、守ってSを抜くときはなかなか気分のいいものでしたよww



ダグトリオは選出回数はかなり少なかったものの、結構圧力を与えていた印象です。2つありまして、まず1つ目は、実際に選出し、レアコイルなどの地面弱点を刈ってくれました。やはりキャッチ性能は素晴らしいですね。また、カイリキーが初手にきそうなPTと当たって先発で出したら見事あたり、いきなり地割れww さて3対2から試合開始!というゲームもありましたwww

もう1つは、キャッチ性能による圧力です。うちのPTに対してレアコイルやサンダースはよく選出されました。こちらのサンダースもよくささり、選出は多かったですが、水タイプにサンダースを当てて電気技、すると相手のサンダースがでてくる。電気技無効化される、さらにどくどくだま発動により特性もバレる。このシチュエーションは非常に多かったです。しかしそのあと相手は安定のボルトチェンジを打てません。実際にはダースダグは低耐久コンビであり、その組み合わせで選出することはほとんどなく、相手の電気はカビゴンで見ていたのですが、相手は警戒せざるを得ません。カビゴンに引くと相手はよくめざパを打ってきました。これは実は大きな活躍っぷりだと思います。そのあと後出しでカイリキーあたりが来たりしますが、そこに恩返しが入り、2回目の後出しを許しませんし、あと2-3回ゴツメを食らうと倒れるところまで削れるのでヤドラン後出しすることでサイクル戦に非常に優位にたてます。ですのでダグトリオは結構活躍したように思います。


では、次は苦手だった相手を書きましょうか。
$リョウのブログ

ラプラスはとにかく耐久が高い><おそらく耐久にほとんど振り、カイリューの鉢巻逆鱗やサンダーの電気技を仮想し調整したものと思われます。こちらのメイン選出であるヤドランカビゴンカイリューは零度氷技もちラプラスはそうとうきついです。ヤドランやカビゴンはラプラスを突破するのにものすごくターンを有するのでその間に零度で突破されてしまう可能性は高いです。単純にきつかった。自分も同タイプのパルでなくラプラスをメンバーに入れていれば・・・おっと。

$リョウのブログ

つづいてサイドンですが、こいつも耐久がやばいですね><カイリューの鉢巻逆鱗を2耐えされたときは・・・負けたんだっけ??とにかく驚きました。こいつもこちらがメインで使っていた4体では突破が困難で苦労しました。ダースのめざ氷やヤドランのれいBは2耐えされた気がします。ヤドランにはつのドリルしてくる奴もいました。ヤメテー

$リョウのブログ


最後にゲンガー。ゲンガーはKP2位で、32/66という登場回数にもかかわらず、毎回苦戦してしまいました。もっとゲンガーに厚く(例えばパルはスカーフパルシェンであるとか)あればもっと勝率は高かったかもしれません。KP2位の対策がうすいことは大きな反省点です。
ヤドラン、カイリューは対面不利、カビゴンは道連れを打ってきて1対1交換、あるいはみがしばや鬼火で突破を困難にされます。カビゴンは後続的にとっておきたいことが多く、またカビゴンに道連れを仕掛けておくあたり相手としてもここで仕留めたいという対象だったのでしょう。
結局対面良好なのはサンダースのみでこれがまずかったです。サンダースの選出が強要されてしまい、控えにゴローニャやサイドン、サンダースあたりがいると非常に苦しかったです。
ゲンガーが今回強い理由はずばり、ダメージを食らう天候を発動させるポケモンがいないこと、ゲンガーにささる先制技がほとんどないこと、ゲンガーを上回るSを持つポケモンが少なく、またそいつらは後出し安定なポケモンによってカバーしやすい、といったところだと思います。使えばよかった・・・。



これらを踏まえ、カントーカップの結論パのようなものを考えてみました。
$リョウのブログ
$リョウのブログ
$リョウのブログ
$リョウのブログ
$リョウのブログ
$リョウのブログ

こんなところじゃないでしょうか。強そうですww
自分の使用感からしてダースカビヤドカイリューは外せませんねww
あとゲンガーは今環境においては弱いわけないです。ラプラスは高耐久!こんな感じになるかなー


では最後に2つBVを紹介します。

BV:69-36126-15980
相手のポケモン:カイリュー サンダー パルシェン ゲンガー ラッキー ラプラス

いきなり3戦目にしてすごい試合です。これも結論パといってもいいほどの強力なメンバーです。
3戦目で1532というレートであり、おそらくこの方は上位レートにいかれたと思います。
ラッキーの突破をカビゴンに任せたのでゲンガーのカウンターで試合が終わったかのように思いました。最後まであきらめなくてよかったです。その後の立ち回りは自分でもすごかったと自負してますwwヤドランラッキー対面で瞑想した後のれいBは完全にサンダー読みですドヤッ)
すばらしい対戦でした。対戦感謝です。




BV:30-44233-91357
相手のポケモン:ゴローニャ ゲンガー カビゴン ウインディ カイリュー ヤドラン

全66戦中65戦目、全試合中最高レートで、1694でした。当時のレートで1745VS1694と緊張感あふれる勝負でした。
相手の運がなかったための勝利にしか見えませんwwとはいえ1回目の地割れかわしは大きいですが、その後の外しなどはあまり試合を左右しないものだったかなと。最初の地割れでヤドランが落ちたら、相手のゴローニャに対してこちらの残りが負担が大きくなり、おそらく負けていたでしょうね・・・。
これもすばらしい対戦でした。対戦感謝です。


カントーカップの対戦記録は以上になります。
質問、意見、感想、その他なんでも受け付けますので!
ながーい記事になりましたが最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
ランキングにもし掲載されたら、またカントーカップに関わる記事を書くと思います^^
それではっ!
スポンサーサイト

カントーカップ対戦記録その1

こんにちは!
まだカントーカップ開催期間ですが、それなりに満足する結果が出まして、もう潜らないことにしたので、いろいろなことを書き綴っていきたいと思います。


~まずはじめに~
このブログを閲覧していただき、ありがとうございます。もしよければですが、意見でもただの感想でも構いません。何か一言コメントを残してくださると大変よろこびます!ここでポケモンに関する議論が起こっても面白いと思います。自分は考えが偏っている気がするのでぜひそういったツッコミも含めて、どしどしコメント下さい!よろしくお願いしますm(_ _)m



↓↓↓最終結果↓↓↓

$リョウのブログ



対戦回数66(ちょっと正確かわからない・・)、勝:47、負:9、残り:回線不良
勝率83.928%


という結果でした!
2つ前のPT紹介ブログにて目標1800!などと謳っていますが、あまりにも勝った時の上昇レート数が小さく、1800にいくにはおそらく1500くらいの方相手にここから8連勝くらい必要です;;一回負けたら勝数は3多く必要になる感じです;;ちょっと断念してしまいました。



この記事は結果報告としますので後はKP醸します~

$リョウのブログ


一応頑張ってまとめたので見てください。解説は特にいらないでしょうが、ポケモン図鑑順、上位5体は赤文字としています。
ゲンガーとカイリューがダントツ!!!!!
見てわかる通り2回に1回は登場するわけですね~
うちのPTはカイリューより圧倒的にゲンガーが怖かったです。そういったことの詳細は次回!

***
1つ不安なのが、今回はちらほら聞いていますが、やたら回線が悪かったことです。どうやら切断、というよりは回線不良でして、自分が使用している接続環境がわるかったのもあり、回線切れは10くらいありました。どういうシステムなのかはわかりませんが、これが理由でもしランキングに載らないようなことがあったら残念ですが、回線不良による接続切れ回数が原因だと思います。そうならないことを祈るばかりです・・・。まぁ、ランキングに載るレベルかもわからないんですが。
***

カントーカップ途中経過♪

こんにちは!
カントーカップ終了したら投稿するようなことを言っておきながら途中経過を投稿しちゃいますww


どん!


$リョウのブログ

(あわてて携帯で撮ったもので見にくくて申し訳ないです)


なかなか満足いく結果になっています。
これから落ちるのが怖いのでもう少し潜ろうか、もうやめようか、迷うところ。
もうそんなに時間もとれないしなあ・・・


反省点はまた書きますが、ゲンガーの対策があますぎて、ゲンガーみるとほぼサンダースの選出を強要されてしまったとこですかね。カビゴンとかゴローニャとかサンダースがキツイポケモンがいるとかなり厳しい勝負になっていました。
そしてパルシェンが考察したにもかかわらず、全く活躍しませんでした。見せポケとしてしか機能していません。
うっかりわすれてしまったのもあって完全ではないですが、自分のPTの選出率もとってあるのでまた公開していきたいと思います。

30戦くらいしたところで1400代の人に3連敗してしまい、1680→1600と一気に下がりました。さすがに精神的に厳しかったです;;
やはりレートのような競合する世界では一度負けると何か連鎖が起こってしまう気がします。普段のレートでもそうですから。

カントーカップPT構築

こんにちは。挨拶をのぞき初めての投稿となります。

ポケモン自称ガチ勢で普段は統一パでフリーやガチパでレートに潜っています。
今回第8シーズンでは、シングルレート1736を記録し、現在ランキング123位です。
しかし怖くてその後潜れていないという・・・ね。



さてさて
今回ブログを新設した最大の理由はズバリカントーカップですww


自分はなんといっても初代赤緑青(ピカー)の時代からポケモンやってるので
今回のカントーカップはでないという選択肢はないですねー

といっても最近まで多忙だったのででられないかもと思っていましたが。

この記事を投稿した今日の夜、というか日付変わってからカントーカップなのでまさに
ぎりぎりの投稿ですw
環境考察などしてもいいのですが、だれも読まないだろうし時間もないので自分のパーティ醸しですね

$リョウのブログ

いやーおなじみのメンバーで懐かしいですww

しかし、当時はサンダース、ダグトリオ、スターミー、ケンタロスという
メンバーでしたが、今回はその中ではダースとダグトリオだけ採用

金銀時代で名をとどろかせた強者カビゴンと、
今回は誰もが使うであろうヤドラン、カイリュー、パルシェンというメンツです。
まぁいたってメンバーは普通かもしれません。


では個別解説

サンダース
性格:臆病
特性:はやあし
個体値:31-30-30-31-31-31(めざ氷70)
実数値(努力値):159(148)-x-80-158(220)-115-184(140)
持ち物:どくどくだま
技構成:10まんボルト/ボルトチェンジ/めざめるパワー氷/まもる

配分はH159にしてどくダメ最小効率、破りA極振りパルの珠礫確定+どくダメ1回耐え
Sを最速115族抜き(今回のルールではスターミー抜き)
特性発動時最速破りパル抜き、のこりC
となっています。

サンダースは優秀な高速アタッカーであるため、できる限りCやSを削りたくないです。
特にCは可能な限り削らない配分を考えました。
今回、普段ならつっこまれそうなはやあし個体を採用したのはズバリ「やぶりパル意識」です。
ご存知の通り、マルチスケイルカイリューが環境の頂点との呼び声高く、それに対策、または単体の性能としても高いパルシェンやヤドランが数が多いことはいうまでもありません。
そこで採用したのがはやあしダース。
はやあしでSを調整し、ようき最速パルより速く、いじっぱ珠パルのつぶても耐え、
ようきスカーフパルのつららばりもH159調整によって毒の定数ダメも含めて確定で耐える。(いじっぱりの準速にはギリギリ抜かれない)
まさにパルキラーとしての採用です。このパーティは他に厚い脂肪カビゴンやヤドランがいるのでパルシェンには厚く、出てこないかもしれませんが・・・。

他のメンバーを出されたときに破られてもダースを出して、相手は殴るしかないのでそこでまもる、Sをぬいてからの電気技で処理することができます。

通常のアタッカーとしても優秀で試運転時はゲンガーを相手することが多かったです。
今回は初手ゴローニャなども多く、初手では案外出しにくいこともあります。
その辺は読みが要求されますね。めざ氷で対抗できるとはいえ、逃げるのが賢明です。


ダグトリオ
性格:ようき
特性:ありじごく
個体値:31-31-31-31-31-31
実数値(努力値):111(4)-132(252)-70-x-90-189(252)
持ち物:きあいのタスキ
技構成:じしん/ストーンエッジ/じわれ/おきみやげ

ダグトリオさんは耐久ないため、思考停止のASぶっぱ
しかし、当時なぜ襷がないのに使っていたのか疑問に思うほどの耐久値です。
まあ昔は努力値のシステム違ったから・・・まぁいいや。
役割としてはダースと同じ高速アタッカー兼起点要因です。
今回ダグトリオを採用している人はみんな置き土産搭載なのではないでしょうか。
パル、カイリュー、ギャラなど、積むことができれば心強いメンバーは初代には並んでいるので
起点を作りたいと考えるのは当然でしょうから。
ダグトリオは特性が優秀で相手を逃がさないので、相手が先制技がないかつSがダグトリオ以下なら交代でダグ投げて襷で耐えて置き土産で起点づくりという運用もできます。
また、Aはしょぼいですが、初代ポケは紙耐久もいるので、ダグトリオでキャッチして処理することができます。これは見せ合いの時点で相当な圧力でキュウコンやサンダースなどは選出をためらうことでしょう。

技はじしんと置き土産は確定、残りは(エッジ、不意打ち、ステロ、地割れ)で迷いました。
不意打ちは有名で火力がしょぼすぎることから切りました。
残りは迷いましたが、飛行ってだけでなんもできないのは悲しすぎるためエッジ、
ラッキーヤドランのようなやつに襷を利用して地割れを2-3回打って勝率は5割り以上確保できることからじわれを採用、ステロが欲しい場面もいくらかあると思われるので迷うところですね。



ヤドラン
性格:図太い
特性:さいせいりょく
個体値:31-31-31-31-31-31
実数値(努力値):201(244)-x-178(252)-120-100-52(12)
持ち物:ゴツゴツメット
技構成:サイコキネシス/れいとうビーム/めいそう/なまける

よくいる物理受けヤドラン。
物理受けヤドランは有名なので特にコメントすることはありませんが、少しだけ。
まずSをカビゴンやミラーを考えて4振り30族抜きにしました。
この型は後で紹介しますが、めいそうを使う型なのでヤドランにも先制でめいそうを使いたいからですね。
よく再生力効率を考え、Hを244に配分にしますね。自分はあまりその配分に大きな意味を感じていませんが、今回はSに回したかったため、Hの実数値1下げることとしました。(=3n個体)

ヤドランは今回瞑想積みアタッカーにしました。
理由は積める機会がありそうだと感じたからです。また、ダグからつなぐアタッカーとして。
また、瞑想ヤドランは意表をつけるのではないかと思っています。
ヤドランは通常特殊技で突破しようと考えると思われるので、起点を作って交代際でも1回積めれば状況はかわります。

毒を持たないカビゴンラッキーあたりを積みの起点にできるところが大きな長所です。
また、後に紹介するカビゴンと併せて受けループのような形をとりつつ、互いに積みアタッカーになっているところがこのPTの大きな特徴となっています。
技は瞑想と怠けるは必須搭載として、攻撃技でなやみました。

今回の環境では普段必須と思っている(個人的に)炎技はほとんど使う機会がないことと、カイリュー対面状況でゴツメ+れいBで確実に勝ちたかったため、れいBを採用、残りはタイプ一致技が欲しいですが、水+氷の攻撃範囲だとつらい相手が増えるので(とくにパル)エスパー技、
ショックかキネシスか、ですが、これはかなり迷うところです。
ブシンみたいなB>>Dの格闘もいないのでショックを採用するつもりでしたが、パルに勝てない型になってしまうと気づき、キネシスとしました。
対カイリュー、カイリキーを考え、ゴツメ採用です。


カビゴン
性格:しんちょう
特性:あついしぼう
個体値:31-31-31-31-31-31
実数値(努力値):255(156)-144(108)-86(4)-x-176(236)-51(4)
持ち物:カゴのみ
技構成:おんがえし/かみくだく/のろい/ねむる

しんちょうHDベースのカゴカビゴン。
のろい積んで眠ってなぐるタイプの個体です。今回は積める機会が多い印象です。
配分はH255で16n-1、特殊耐久を伸ばしたいので効率面を考え、D236振り、
Sに4振りたかったので残りはBにも4振り、Aに残りを振っています。
これでもおんがえしはそこそこの火力がでます。
つんで眠りたいのでヤドランやサンダースからのダメージを少なくすることを優先し、しんちょうD振りを採用しました。のろいを数回積めれば本当に強く、単純に特殊受けとしても機能し、ヤドカビループも強いので、選出率No1と予想されます。汎用性の高さがウリですね!
のろいを積みますが、ヤドカビ相手に先手でのろいを積みたいのでSには4だけ振りました。
また、攻撃技はNタイプで火力やリスク考慮し安定のおんがえし、もう1つは対ヤドランゲンガー、とくにゲンガー意識で噛み砕くの採用としました。



パルシェン
性格:うっかりや
特性:スキルリンク
個体値:31-31-31-30-31-31(めざ電70)
実数値(努力値):147(172)116(4)-200-149(248)-58-101(84)
持ち物:命の珠
技構成:つららばり/なみのり/めざめるパワー電気/からをやぶる

今回間違いなくはやるであろうめざぱ個体のパルシェン。
C補正有り極振り破り珠めざパでHBヤドランが落ちるのはそこそこ有名なのではないでしょうか。
今回はダグトリオを設置し、積みの機会を作りつつ、破ればとにかく強い珠パルの採用をしました。

めざぱ電気か草かで意見が割れると思います。というより、大半が思考停止の草なのかなと。
もともとロトムを意識しての草との認識ですが、今回はめざ電や草は水タイプに打つことが多く、ロックブラストをまず切り、そうすると威嚇ギャラも考えて電気の方がいいと考えました。
電気にするデメリットは避雷針アズマオウでしょうか。どれほど数がいるかわかりませんが。。
持ち物はジュエルか珠かで迷いましたが、抜き性能の高さとしての採用なので珠。

配分は珠ダメを考え、Hには大目に振りたいというところから考えました。
しかし、まずはC248振り。これがないと破ってもヤドランに勝てません。
そしてSは破り後最速130族抜き、割りとテンプレですかね。のこりHに振り、4余るのでAに振りました。
なみのり???と思う人が多いかと思います。ハイドロかロクブラだろ!というところでしょうか。これは仮想敵から水特殊技はなみのりで十分との考えからです。
Hに振りたいのでAC配分はできず、ロクブラは仮想的である耐久水を落とす火力は確保できませんし、Cに振るならめざ電でいい。ハイドロにしてもいいのですが、とにかく外します。そして外します。
本当のところはこれに礫を入れたいですね。あれはほんとうに便利な技。


カイリュー
性格:ようき
特性:マルチスケイル
個体値:31-31-31-31-31-31
実数値(努力値):167(4)-186(252)-115-x-120-145(252)
持ち物:こだわりハチマキ
技構成:げきりん/ばかぢから/しんそく/ねごと

今大会でKPNo1が予想される最強のドラゴン。
マルチスケイルと神速からの安定感が強いです。
カイリューは努力値配分も気になるかと思いますが、なにより
物理か特殊か、そして竜舞かハチマキか、ということに焦点が置かれます。
特殊カイリューも考えましたが、ラッキーやカビゴンに勝てるポケモンは今回非常に貴重であり、カイリキーなどの格闘枠を採用しない以上、カイリューは物理にしました。
そして鉢巻にした理由ですが。
普通ならダグがいる以上竜舞ですよね。
しかし地雷という意味合いと竜舞するターンにヤドランに交換シチュエーションを考えたときに
竜舞ジュエル逆鱗でもHBヤドランは低乱1と知り、鉢巻逆鱗で確2ということから鉢巻の採用を決めました。

技は逆鱗、神速は迷う必要なし、のこりですが、ここまで催眠対策が全くなく、バタフリーやゲンガー、あくびカビゴンサンダースなどを考え、ねごとを採用。実はこだわり寝言はあまりいいと思っていませんが。
最後はカビラッキ意識でばかぢから。これは意外に使う機会が多いと予想されます。
最速パルに先手取られるとやばいので結局ようきASで落ち着きました。
しかし、この型は今大会多いであろうゲンガーに対して非常に立ち回りにくく、ゲンガーはこのPTだとやや苦戦しがちかもしれません。



個別解説は以上です。
PT解説としては、高速アタッカーのダースダグ
ループ作りながら積みアタッカーとなる重火力型カビヤド
抜き性能のパル、安定のハチマキカイリューというところ。

ダグトリオで土産をしながらエースを出して3タテもできるし、
受けまわしながら隙を見てカビヤドが積む形もとれる。相手の破りパルにダース
といったバランス型のPTだと思います。いろんな場面を想定し、PTを組みました!

ちょっとうすいかなと感じるのはレアコイル、ゲンガーあたりです。
とくにゲンガーはカイリューで突破しづらく、ヤドランも対面不利、割とサンダースに頼る機会が多そうです;;


投稿日時的にギリギリですが何かご意見などあれば遠慮なくどうぞ!
次回はカントーカップKP集計並びに後記とします。
ではでは^^

はじめましての挨拶

こんにちは初めまして。

ポケモン大好き人間のリョウです。これからポケモンの内容のみですがブログを投稿していこうと思います!

なにか意見や質問疑問その他あればいつでもコメントください。返せるときに返しますので^^

blogはじめてで何卒至らないところばかりかと思いますがどうぞよろしくお願いします。
プロフィール

りる

Author:りる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。