スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XYファイアロー育成論2(ゴツメアロー)



6世代環境で注目されつづけるポケモンの1体

ムーバー解禁環境になってから対策がしやすくなったために数は減らしたけど相変わらず対策は十分にしなければならないと、私は思っています。

というのも、ファイアローが初期に出回った鉢巻や珠のような単調に殴り続けるだけならば、火力も並~中高火力にとどまるのもあって対策はそこまで困難ではないのですが、そうでもない、ということは対戦をたくさんやっている方ならわかるかなーと思います。

今回はそんな亜種の1つ、ゴツメを持たせたファイアローの紹介です。


HBの種族値は78-71ということで、物理受け?ふざけたことをいうな!
という見方をするものだと思います。
しかし、覚えられる技と特性、ついてにいうとタイプもそこそこ、物理受けをするのに適しているのです。

また、このファイアローは相手の受けを封殺する能力もあります。
つまり
・本来の物理受け
・耐久殺し
の2つの役割が持てるのです。


以下型の紹介です。相変わらずKPのあまり落ちないガブリアスを意識し、ダメージ計算を入れてみました。
参考にどうぞ

*2つの配分を提案します。

①HB特化タイプ

腕白HB252もしくは少し削ってS調整


HBライン…185-135
ガブリアス陽気A252(A実数値182)
での計算




②ガブリアス抜きタイプ

私が使っているのはこちらです。
こちらが推奨です。詳しいことは後で書きますが、鬼火と挑発を先に入れる範囲を広げるため(というよりガブリアスに先とって鬼火を入れていく)

驚くべきHBラインの低さですが、周りのいろんな補助、自らの鬼火や先制羽休めによって受けを疑似的に成立させていきます。

陽気H172B252S68(残り努力値16)

HBSライン…175-123-170
HP…16n-1
B…ぶっぱ(それでも実数値123wwwとか言わない)
S…最速ガブリアス(S102)抜き

ダメージ計算をしてではなく、ガブリアス抜きを無駄ない努力値配分で実現したのち、HP効率を考えながらHBに振ったのみの配分になります。


ガブリアス抜きをしたファイアローであるため
先手で鬼火を入れた、またガブリアスはA182鉢巻を想定しての計算

鉢巻エッジはやけど込でもほぼ耐えないですが、やけどを入れることで思った以上の耐久を見せます。



技構成①②共通でほぼ確定で

ブレイブバード/鬼火/挑発/羽休め

持ち物はゴツゴツメット

特性は通常特性の「炎のからだ」にしてもよいかもしれません。物理受けならば、かなり有用な特性であることは言うまでもありません。
が、疾風の翼の対象技が2つもあり、かなり生きる機会は多いため、私は夢特性を推奨します。



*ダメージ計算をたくさん入れた対ガブリアスですが
XY初期に多かった「ラム剣舞ガブリアス」が数を大きく減らしたため、タイマンでも結構勝てる見込みはあります。

(現状では襷ステロ、スカーフ、鉢巻の3パターンがほとんどを占めているように思っています)

具体的にはラムでないことを前提に、鬼火をはずさないこと、鉢巻エッジをあてられないこと。
それ以外の技は確定3以下に落とせ、受け切ることができます。
スカーフ岩雪崩に関しては無理ですね;;

----------



まず、一番この記事で主張したいことは、ファイアローの耐久ラインではなく、
「挑発+回復技+ゴツゴツメット」の強さ。
上記の型は接触技のみ、火力がファイアローに対して確定3以下、S実数値169以下(型②想定)のポケモンを完封しています。

そんなやつそんないないだろ!
と思いきや結構いるんですね。具体的には物理受けファイアローと同じような役割を持っているポケモンたち、つまりHBゴツメで回復技を持つようなポケモン

ラッキー、エアームド、バルジーナ、クレセリア

たちの受けタイプの型は完全に完封できます。
殴ることしかできず、殴るとゴツゴツメットで削れる、挑発により回復を許さず、相手が持っていることが多いゴツメが嫌でも、鬼火だけまいてあとは放っておけばいいので問題ありません。

何より、HBゴツメポケモンは、通常のアタッカーファイアローに対して繰り出す側のポケモンであり、相手の想定を大きく崩すことができます。完封しつつ、相手を流すことができるのです。

要は有効打を持たない最大火力が確定3以下のポケモン完封、ということです。

この「挑発+回復技+ゴツゴツメット」ですが
得意とするポケモンが他にもおり、エアームドとバルジーナがそれに当たります。

ファイアローは残念ながら耐久はその2体に大きく劣りますが、Sの圧倒的高さが魅力で
先制で鬼火を入れることでHBエアームド以上の物理耐久を得ます。
実質的な耐久がエアームド以上という見方もできますし、これらのミラー対決に圧倒的に強いことは言うまでもありません。
単純に、エアームドバルジーナよりも、Sはもちろん、鬼火を敷くことができるというのも強みです。攻撃技のブレイブバードも、反動こそいやなものの、Aに振れない火力不足を多少は補ってくれます。先制技になることも大きいです。
(通常受けの挑発再生ムドーやバルジーナはどくどくが搭載されることが多いかと思います)

それに加えて、羽休めが先制で打てるため、神速やS171以上の先制技以外には先に回復を入れつつタイプが炎のみとなります。

これは鬼火を入れたあとの岩技を耐えられれば、以降は羽休め連打で回復が間に合うことを意味します。(被ダメが半分になるため)

だいたい物理受けファイアローの強さを伝えられたかと思います。
これでもいまいち強さがわからない方は一度使ってみるといいかなと思います。







数値的には物理受けの代表ポケモンたちの半分少しくらいしか耐久がないため、後出しで受けることが苦手です。物理技でも超火力に対しては受けられずそのまま落ちてしまうケースもあるでしょう。
したがってうまく繰り出すこと、また、威嚇などと組み合わせることが大事です。

私はガブリアス、ガルーラを意識してこのポケモンと組み合わせています


メガシンカすることで威嚇を巻き、ボルトチェンジでファイアローに切り替え、
相対的に物理耐久を上げたファイアローで受けつつ、ゴツゴツメットで削ります。
ファイアローはライボルトの唯一の弱点である地面を無効化することもできるためかなり気に入っている組み合わせです。(素の耐久はどちらもかなり心もとないのに、頼れます)

冒頭で記した通り、
他のポケモンと上手く組み合わせることで何とかではありますが物理受けを、
また、挑発鬼火再生によって「耐久殺し」の役割を担うことができます。

これは通常の受けポケモンにはできません。また、受けポケモンにありがちな積みの起点にもかなりなりにくいです。


繰り返しますが、物理耐久指数は全然足りないので組み合わせありきなゴツメアローですが、使い方次第で非常に強力なコマだと思います!



考察は以上です。私も愛用しているので使用感はそれなりにあるのですが、何かコメントを頂けると嬉しく思います。それでは~

スポンサーサイト

XYファイアロー育成論2(ゴツメアロー)



6世代環境で注目されつづけるポケモンの1体

ムーバー解禁環境になってから対策がしやすくなったために数は減らしたけど相変わらず対策は十分にしなければならないと、私は思っています。

というのも、ファイアローが初期に出回った鉢巻や珠のような単調に殴り続けるだけならば、火力も並~中高火力にとどまるのもあって対策はそこまで困難ではないのですが、そうでもない、ということは対戦をたくさんやっている方ならわかるかなーと思います。

今回はそんな亜種の1つ、ゴツメを持たせたファイアローの紹介です。


HBの種族値は78-71ということで、物理受け?ふざけたことをいうな!
という見方をするものだと思います。
しかし、覚えられる技と特性、ついてにいうとタイプもそこそこ、物理受けをするのに適しているのです。

また、このファイアローは相手の受けを封殺する能力もあります。
つまり
・本来の物理受け
・耐久殺し
の2つの役割が持てるのです。


以下型の紹介です。相変わらずKPのあまり落ちないガブリアスを意識し、ダメージ計算を入れてみました。
参考にどうぞ

*2つの配分を提案します。

①HB特化タイプ

腕白HB252もしくは少し削ってS調整


HBライン…185-135
ガブリアス陽気A252(A実数値182)
での計算




②ガブリアス抜きタイプ

私が使っているのはこちらです。
こちらが推奨です。詳しいことは後で書きますが、鬼火と挑発を先に入れる範囲を広げるため(というよりガブリアスに先とって鬼火を入れていく)

驚くべきHBラインの低さですが、周りのいろんな補助、自らの鬼火や先制羽休めによって受けを疑似的に成立させていきます。

陽気H172B252S68(残り努力値16)

HBSライン…175-123-170
HP…16n-1
B…ぶっぱ(それでも実数値123wwwとか言わない)
S…最速ガブリアス(S102)抜き

ダメージ計算をしてではなく、ガブリアス抜きを無駄ない努力値配分で実現したのち、HP効率を考えながらHBに振ったのみの配分になります。


ガブリアス抜きをしたファイアローであるため
先手で鬼火を入れた、またガブリアスはA182鉢巻を想定しての計算

鉢巻エッジはやけど込でもほぼ耐えないですが、やけどを入れることで思った以上の耐久を見せます。



技構成①②共通でほぼ確定で

ブレイブバード/鬼火/挑発/羽休め

持ち物はゴツゴツメット

特性は通常特性の「炎のからだ」にしてもよいかもしれません。物理受けならば、かなり有用な特性であることは言うまでもありません。
が、疾風の翼の対象技が2つもあり、かなり生きる機会は多いため、私は夢特性を推奨します。



*ダメージ計算をたくさん入れた対ガブリアスですが
XY初期に多かった「ラム剣舞ガブリアス」が数を大きく減らしたため、タイマンでも結構勝てる見込みはあります。

(現状では襷ステロ、スカーフ、鉢巻の3パターンがほとんどを占めているように思っています)

具体的にはラムでないことを前提に、鬼火をはずさないこと、鉢巻エッジをあてられないこと。
それ以外の技は確定3以下に落とせ、受け切ることができます。
スカーフ岩雪崩に関しては無理ですね;;

----------



まず、一番この記事で主張したいことは、ファイアローの耐久ラインではなく、
「挑発+回復技+ゴツゴツメット」の強さ。
上記の型は接触技のみ、火力がファイアローに対して確定3以下、S実数値169以下(型②想定)のポケモンを完封しています。

そんなやつそんないないだろ!
と思いきや結構いるんですね。具体的には物理受けファイアローと同じような役割を持っているポケモンたち、つまりHBゴツメで回復技を持つようなポケモン

ラッキー、エアームド、バルジーナ、クレセリア

たちの受けタイプの型は完全に完封できます。
殴ることしかできず、殴るとゴツゴツメットで削れる、挑発により回復を許さず、相手が持っていることが多いゴツメが嫌でも、鬼火だけまいてあとは放っておけばいいので問題ありません。

何より、HBゴツメポケモンは、通常のアタッカーファイアローに対して繰り出す側のポケモンであり、相手の想定を大きく崩すことができます。完封しつつ、相手を流すことができるのです。

要は有効打を持たない最大火力が確定3以下のポケモン完封、ということです。

この「挑発+回復技+ゴツゴツメット」ですが
得意とするポケモンが他にもおり、エアームドとバルジーナがそれに当たります。

ファイアローは残念ながら耐久はその2体に大きく劣りますが、Sの圧倒的高さが魅力で
先制で鬼火を入れることでHBエアームド以上の物理耐久を得ます。
実質的な耐久がエアームド以上という見方もできますし、これらのミラー対決に圧倒的に強いことは言うまでもありません。
単純に、エアームドバルジーナよりも、Sはもちろん、鬼火を敷くことができるというのも強みです。攻撃技のブレイブバードも、反動こそいやなものの、Aに振れない火力不足を多少は補ってくれます。先制技になることも大きいです。
(通常受けの挑発再生ムドーやバルジーナはどくどくが搭載されることが多いかと思います)

それに加えて、羽休めが先制で打てるため、神速やS171以上の先制技以外には先に回復を入れつつタイプが炎のみとなります。

これは鬼火を入れたあとの岩技を耐えられれば、以降は羽休め連打で回復が間に合うことを意味します。(被ダメが半分になるため)

だいたい物理受けファイアローの強さを伝えられたかと思います。
これでもいまいち強さがわからない方は一度使ってみるといいかなと思います。







数値的には物理受けの代表ポケモンたちの半分少しくらいしか耐久がないため、後出しで受けることが苦手です。物理技でも超火力に対しては受けられずそのまま落ちてしまうケースもあるでしょう。
したがってうまく繰り出すこと、また、威嚇などと組み合わせることが大事です。

私はガブリアス、ガルーラを意識してこのポケモンと組み合わせています


メガシンカすることで威嚇を巻き、ボルトチェンジでファイアローに切り替え、
相対的に物理耐久を上げたファイアローで受けつつ、ゴツゴツメットで削ります。
ファイアローはライボルトの唯一の弱点である地面を無効化することもできるためかなり気に入っている組み合わせです。(素の耐久はどちらもかなり心もとないのに、頼れます)

冒頭で記した通り、
他のポケモンと上手く組み合わせることで何とかではありますが物理受けを、
また、挑発鬼火再生によって「耐久殺し」の役割を担うことができます。

これは通常の受けポケモンにはできません。また、受けポケモンにありがちな積みの起点にもかなりなりにくいです。


繰り返しますが、物理耐久指数は全然足りないので組み合わせありきなゴツメアローですが、使い方次第で非常に強力なコマだと思います!



考察は以上です。私も愛用しているので使用感はそれなりにあるのですが、何かコメントを頂けると嬉しく思います。それでは~

XYギルガルド育成論2

 VS 


みなさん、どちらが有利だと思いますか?

言い方を変えましょう。

こちらが繰り出したのはギルガルド。出し勝ちしたと思いますか?



先月ローブシンの新しい型を考案しました。
詳しくはこちら→チョッキローブシンの調整

猛威を振るっていたギルガルドに対抗する一手として、チョッキローブシンを考案しました。

ギルガルドに対して確定後攻めをし、(ブレードフォルムに対し)悪技で一撃で倒す。
ローブシン自身の性能を落とさないようにチョッキを持たせて、かつ悪技は汎用性の高いはたき落とすを採用、ゲンガーにも厚くなるよう根性にしました。

広い範囲を見れるので強いローブシンを考案することができたと、思っています。

さて、あの記事を投稿してから、私の影響がどれほどかはわかりませんが、チョッキローブシンは数を増やしたようです。私もギルガルドは使っていないものの、チョッキローブシンと対峙してその強さを見せつけられました。

一番上に書いた質問、ガルドVSローブシンは最近ではブシン有利という認識すらあるのかもしれません。

それならば、ギルガルドの方を今度はローブシンに負けない型を作ってやろうじゃないかと考えました。

そもそもチョッキローブシンはものすごく対ギルガルドに安定しているわけではありません。
キングシールドを使われることでAが落ちてしまったり、一撃と言っても先に攻撃してもらう、つまりブレードフォルムであることを前提としているためです。
当時(もちろん今もですが)もっとも流行している特殊主体の弱点保険持ちをメタした型、という見方もできます。


確かに、シールドフォルムのままだと一撃では落とせない、、、

そこに目を付けました。

ならばブレードフォルムにならずに攻撃を受けつつ、一気に勝てる型・・・

ということで今回の型の紹介です。






ギルガルド

意地っ張りHAベース

せいなるつるぎ/かげうち/つるぎのまい/キングシールドorアイアンヘッド(アイヘ推奨)

持ち物:弱点保険


恐らくガルドと対面しても引くブシンは減ったのでしょう。はたき落とすを使ってきます。
それに対し、こちらは剣の舞、シールドフォルムを保ったままAを上げ、さらに悪技を受けてAを4段階まで上げます。
アイアンヘッドで即死させます。

このような使い方です。
ローブシンとしてはギルガルドには基本的には通らない技ばかり、通る技は抜群タイプになるので居座られた場合は安定して弱点保険を発動させられます。
A4↑のアイアンヘッドでH207B125程度のローブシンは楽々吹っ飛びます。
汎用性も乏しくない型だと思いますし、全抜きも狙えるタイプの型となっています。


私の記事のローブシン(A198)、ギルガルドはオーソドックスなH252を基に計算

このようになります。



ローブシンでギルガルドをメタしてきているのだとしたらチャンスです。
ダメージを受けつつですが、起点にできるのです。

さらに範囲を広げるため、聖剣を入れれば剣の舞とあわせてハピラキや分身、積み系統の相手にも強気に立ち回れます。
わざわざSを落とす必要もありませんし、下降させないことでバンギラスに先手をとれるようなS調整をすることも考えられます。


技構成としては剣舞影うちに加え聖剣・アイヘ

剣舞して抜いていく型になりますので、キングシールドは(あった方がいいのですが)なくてもさほど問題なさそう、それより技の範囲を広げることを最優先させ、3つの範囲が優秀な技をそろえてみるといいかなと思います。

範囲が被りがちなので聖剣→シャドークローにしてみてもいいかもしれません


XYが始まって初期に流行ったごく一般的な物理剣舞ギルガルドと大して変わらない型ですが、現環境には刺さっているのではないでしょうか。

XYギルガルド育成論2

 VS 


みなさん、どちらが有利だと思いますか?

言い方を変えましょう。

こちらが繰り出したのはギルガルド。出し勝ちしたと思いますか?



先月ローブシンの新しい型を考案しました。
詳しくはこちら→チョッキローブシンの調整

猛威を振るっていたギルガルドに対抗する一手として、チョッキローブシンを考案しました。

ギルガルドに対して確定後攻めをし、(ブレードフォルムに対し)悪技で一撃で倒す。
ローブシン自身の性能を落とさないようにチョッキを持たせて、かつ悪技は汎用性の高いはたき落とすを採用、ゲンガーにも厚くなるよう根性にしました。

広い範囲を見れるので強いローブシンを考案することができたと、思っています。

さて、あの記事を投稿してから、私の影響がどれほどかはわかりませんが、チョッキローブシンは数を増やしたようです。私もギルガルドは使っていないものの、チョッキローブシンと対峙してその強さを見せつけられました。

一番上に書いた質問、ガルドVSローブシンは最近ではブシン有利という認識すらあるのかもしれません。

それならば、ギルガルドの方を今度はローブシンに負けない型を作ってやろうじゃないかと考えました。

そもそもチョッキローブシンはものすごく対ギルガルドに安定しているわけではありません。
キングシールドを使われることでAが落ちてしまったり、一撃と言っても先に攻撃してもらう、つまりブレードフォルムであることを前提としているためです。
当時(もちろん今もですが)もっとも流行している特殊主体の弱点保険持ちをメタした型、という見方もできます。


確かに、シールドフォルムのままだと一撃では落とせない、、、

そこに目を付けました。

ならばブレードフォルムにならずに攻撃を受けつつ、一気に勝てる型・・・

ということで今回の型の紹介です。






ギルガルド

意地っ張りHAベース

せいなるつるぎ/かげうち/つるぎのまい/キングシールドorアイアンヘッド(アイヘ推奨)

持ち物:弱点保険


恐らくガルドと対面しても引くブシンは減ったのでしょう。はたき落とすを使ってきます。
それに対し、こちらは剣の舞、シールドフォルムを保ったままAを上げ、さらに悪技を受けてAを4段階まで上げます。
アイアンヘッドで即死させます。

このような使い方です。
ローブシンとしてはギルガルドには基本的には通らない技ばかり、通る技は抜群タイプになるので居座られた場合は安定して弱点保険を発動させられます。
A4↑のアイアンヘッドでH207B125程度のローブシンは楽々吹っ飛びます。
汎用性も乏しくない型だと思いますし、全抜きも狙えるタイプの型となっています。


私の記事のローブシン(A198)、ギルガルドはオーソドックスなH252を基に計算

このようになります。



ローブシンでギルガルドをメタしてきているのだとしたらチャンスです。
ダメージを受けつつですが、起点にできるのです。

さらに範囲を広げるため、聖剣を入れれば剣の舞とあわせてハピラキや分身、積み系統の相手にも強気に立ち回れます。
わざわざSを落とす必要もありませんし、下降させないことでバンギラスに先手をとれるようなS調整をすることも考えられます。


技構成としては剣舞影うちに加え聖剣・アイヘ

剣舞して抜いていく型になりますので、キングシールドは(あった方がいいのですが)なくてもさほど問題なさそう、それより技の範囲を広げることを最優先させ、3つの範囲が優秀な技をそろえてみるといいかなと思います。

範囲が被りがちなので聖剣→シャドークローにしてみてもいいかもしれません


XYが始まって初期に流行ったごく一般的な物理剣舞ギルガルドと大して変わらない型ですが、現環境には刺さっているのではないでしょうか。

プロフィール

りる

Author:りる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。