スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタグロスの配分考察

どうも。

今回はメタグロスの育成論について考えました。
$リョウのブログ

もともと先に同じ鋼タイプのハッサムについて綴ろうと計画していたのですが、最近メタグロスについて考察する機会があり、こちらについて考察してみようと思いました。


このポケモンを考察するにあたって、
①メタグロス・ハッサムの立ち位置
②鋼タイプという位置づけ

この2つについて振り返ってみます。



まず①について。
メタグロスは本来600族であり高水準な種族値、A135を生かした多様な攻撃技、実は低くないC95を生かした特殊技、エスパータイプが覚えるさまざまな補助技などを絡めてさまざまな型が存在します。そのどれもが強力、なはずでした。
しかし、5世代の途中からは物理鋼といえばハッサムといっても過言ではないほどにメタグロスはその立ち位置を失いました。これには諸説あるかと思いますが、ハッサムはバレットパンチをもってして高火力、剣の舞が使えさらに火力を高められ、珠ハッサムという全抜きができる型も存在する。また、とんぼ返りによってサイクル戦を有利に進められる点や、優秀な回復技羽休めによって耐久を伸ばししぶとく戦い続けられるポケモンであります。メタグロスはそのような点が劣っており、種族値100の差を埋め、メタグロスの数はいつからか激減しました。どちらにも多くの型が存在し、それが強さを証明する1つの要因であることは間違いないのですが、どうやら使い勝手や環境への適応といった点でハッサムの方に軍配があがりやすいということのようです。
瞬発的に火力を大きく上げられる点が環境にとって優位に作用する機会が多く、また火力をあげられないメタグロスは技もタイプ一致の優秀な技に恵まれず、つがいがっての悪さが目立ってしまっているのが現状といったところなのでしょう。


次に②について
鋼タイプというのは5世代環境においてはまず竜を受けるために採用されてきました。よく言われる「メガネラティオスの流星群が打ち逃げをしながら3発で終わるような構築」であってはまずく、それを真っ先に解決する手段としての鋼タイプの存在意義。また、物理竜技逆鱗は鋼タイプがいるだけで打つことをためらわせ、択を多く作れるだけでも優秀な存在です。
鋼タイプは見た目の通り耐久種族値は高いのですが、決まってHPは低いのです。
主な鋼タイプのHBD種族値ライン

メタグロス:80-130-90
ハッサム:70-100-80
ドータクン:67-116-116
エンペルト:84-88-101
ナットレイ:74-131-116
ヒードラン:91-106-106
ジバコイル:70-115-90
エアームド:65-140-70

などなど。ここではルカリオのような鋼としての役割に相応でない個体は省いてますが…


どれもHPが低いため、基本的にはHPにできる限り努力値を割くことが基本となります。また、戦術したドラゴン受けという点では、ドラゴンは火力UPアイテムを持つことが多いため、中途半端な耐久力では半減でも危険な場合があるため、耐久調整を常に意識した配分が求められます。具体的には「~の鉢巻逆鱗2耐え」「ラティオスのメガネ流星群2連耐え」などです。

たくさん有名な型を載せようと思いましたが、時間がかかるので今回1つだけメタグロスの型を紹介します。
最近考案したものです。


いじっぱりH156A116S236

実数値:175-187-150-x-110-120

持ち物:こだわりスカーフ

配分:HP16n-1、A11n、Sスカーフ込でボルトルネ(111族)抜き
HB:A182一致地震耐え、HD:メガネラティオスの流星群1.5耐え(目安程度)

技構成:コメットパンチ/思念の頭突き/冷凍パンチor大爆発/トリック


これは自身が高速アタッカーでありながら、起点作成要因にもなることを目指したメタグロスです。

なによりも配分の異常なまでの美しさがウリなのです。
鉢巻トリックとの違いとしては、重火力アタッカーとして高打点を持てる鉢巻に対し、上からの打点をもちつつ、先制でトリックを入れやすいスカーフ、といったところでしょうか。
特に倒される直前にトリックをして地面技で縛ることに成功すれば多くの後続の起点とすることができます。

スカーフトリックのメタグロスといえば、陽気ASをイメージする方が多いかなと思いますが、
いじっぱりでもボルトルネまで抜け、火力と多少の耐久強化ができているこの配分もよいのではと思っています。
トリックはメタグロスが呼ぶ、エアームドドータクン耐久水などにとても刺さり、機能停止に追い込めます。ただ、相手のSをあげてしまうことが仇となることもあるのでそこは注意が必要です。

エスパーらしい動きができるのがハッサムとの違い。是非1度使ってみてください。
といっても私もこれから使う、という感じなのですが。
ではでは


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りる

Author:りる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。