スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイアロー育成論

こんにちは。お久しぶりです。

サザンギルガ?サザンガルド?
の記事を書くと張り切っていたものの、ご存じの通り11月下旬からレートに潜れなくなり、記事を書こうにも作っただけの構築を紹介するのは嫌なので投稿できずにいます。

ただ、レートができなくなるギリギリ前にサザンガルドの1つの構築が完成しており、それでこの結果が出ています(1910程度→2109)

このままレートに潜れなくなったため、2013/12/8現在のものです。

$リョウのブログ



さて、レートができなくなりポケモンのモチベは下がり気味で退屈していたところ突発大会が開催しており、何気なくでました。そしたらなんと見事優勝しました!
構築はサザンガルド入り構築なのですが、PT全体としてはあまりきれいに組めておらず(使用制限のレギュレーションもあったためベストメンバーとは言えない)、紹介するには忍びないので、今回活躍したファイアローの型紹介をしたいと思います。

XY環境が始まってからというもの、このポケモンが環境の中心の1つであることは言うまでもないです。こいつの強みなんてどこ見ても書いてあると思うので、省きます。また、このタイミングで紹介するだけあって、鉢巻や珠などの最もメジャーなものでもありません。以下、ご覧ください。

$リョウのブログ


ファイアロー

意地っ張り
努力値:236-252-20-0-0-0
実数値:183-146-94-x-89-146
(個体値はVVVxVV想定です)

特性:疾風の翼

技構成:ブレイブバード/剣の舞/羽休め/自由枠

持ち物:あおぞらプレート(推奨)

調整:HP8n-1の最高値183、Aぶっぱ残りB

火力目安(下記文章中にもあります):1剣舞プレートで191-121程度のメガガルーラ確定1、2剣舞プレートでHBヤドラン最高乱数切り確定


鉢巻、珠の型では意地にしろ、陽気にしろ、ASベース、あるいはAS極に振るのが主流と思います。
特に陽気ならAS以外に択はないと、個人的には思います。

今回は上記の通り、完全フルアタではないため、その必要がありません。
技構成から察することができるかと思いますが、エース仕様、3タテを狙えるような型になっています。

剣の舞を積んで、ブレイブバードで突破していく。使用法は至って単純なのですが、HP振りをする、羽休めを搭載するなど、やや耐久にも回し、できるだけ複数回剣舞したり、あるいは剣舞してHPを立て直してから攻めるなどの小回りが利くようになっています。

一般にこのようなアタッカー型では珠を選ぶのが主流だと思いますが、消耗して1-2タテで止まる可能性を少しでも落とせるように、かつ環境に多いポケモンに特に有効と思える持ち物を模索した結果、プレートがいいと判断しました。推奨持ち物になります。

参考までに、意地Aぶっぱ、実数値146のプレート持ちだと、1剣舞で耐久無振り~H191程度のガブ、191-121程度のメガガルーラをブレイブバードで確定落ちするようになります。後出しはもちろんきかないということです。また2剣舞でHBヤドランが最高乱数以外確定1となり、ヤドランがいるのに2剣舞がきついのは言うまでもないですが、参考程度にこのくらいの火力になります。

ガブやガルーラが環境に多い以上、こいつらを落とせるラインを確保すればちょうどいいと思うので、珠よりもプレート推奨、というわけです。
もちろん、そうは言ってもHP振り程度のファイアロー相手に安易に積ませてくれることの方がめずらしいでしょう。したがってこれは起点構築向けのファイアローと言えると思います。壁クレッフィなどと組み合わせて力が発揮できるポケモンでしょう。

岩やファイアローミラーが苦手なので、トンボがない構成なこともあり、それらが選出されそうならこのポケモンの出番はなさそうです。

また、S調整しようかと思いましたが、基本的にメイン技が優先度1のため、メジャーな先制技もちだけ抜いておけば十分かなと思いました。無振り146はちょうど最速マンムー抜きのため、結果的に努力値をまったく割かない、ということにしています。
また、耐久を確保したHAベースのため、先述の通り、相手のファイアローが苦手です。Hに振っている分、ある程度相手の先制ブレイブバードは耐えますが、おそらく11交換。それはこの型の運用的にはあまりよくない展開なので、苦手な相手の1つと思います。

技は抜きエースとして動くためブレバ剣舞休めを確定とします。4枠目は自由かなと思います。鋼への突破手段としてフレアドライブを入れていますが、やや耐久型、というのを実現できているため、鬼火にしてもいいかなと思いますし、挑発なんかもいいかもしれません。その辺はお好みで。

単体では生きにくいと思いますが、非常に面白い、また実践的なファイアローの型が考案できたと思います。

壁等サポート+苦手なファイアローミラー、耐久水、岩タイプの対策をすることでこのポケモンは非常に頼もしいエースになると確信しています。
興味があれば是非使ってみてください。

私も今、起点構築入りサザンガルドというPTにこのファイアローを入れています。調整段階ですけどね。

では今回の記事は以上になります。

質問等あればコメントにどうぞ。

ここにコメントできない、公開したくないなどの都合があればtwitterにどうぞ!
[twitterアカウント]
@ra_ri_ru_re_ryo



ではまたね^^





キーワード
ファイアロー あおぞらプレート 育成論 考察 型紹介
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

りる

Author:りる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。